Blog

  • HOME>
  • Blog>
  • 光熱費のかからない家にするための工夫をご・・・

光熱費のかからない家にするための工夫をご紹介します!

2022.01.19
「光熱費のかからない家にするにはどうしたらいいのだろう」「光熱費を抑えつつ、暮らしやすい家にしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、光熱費のかからない家にするための工夫についてご紹介します。
家づくりをお考えで、光熱費を抑えたいとお思いの方の参考になれば幸いです。
 

□光熱費を抑えるメリットとは?

 
光熱費はランニングコストといい、家を建ててからも毎月かかる費用です。
光熱費を抑えることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
それを知るために具体的に計算しながら考えてみましょう。
 
例えば、単純に光熱費が1か月で2万円かかる家と1か月1万円しかかからない家を比較してみましょう。
この場合、1年で12万円、30年で360万円の差が生まれます。
このように考えると光熱費を抑えたいと思うのではないでしょうか。
 
光熱費の中でも大きな割合を占めるのがエアコンの電気代です。
夏はすべての電気代の約半分、冬は約33パーセント占めると言われています。
エアコンを使わず住める家に住みたいとお考えの方も多いでしょう。
 

□光熱費のかからない家とは?

 
では、光熱費のかからない家とはどのような家なのでしょうか。
その答えとしては、ライフスタイルに合わせて省エネ対策をしている家です。
 
たくさん光熱費を抑えたとしても、毎日の生活が快適でない家に住みたくないですよね。
自然をとりいれながら生活のゆとりやクオリティを求めたい方は、パッシブ的な工法がおすすめです。
パッシブ工法は、換気だけでエネルギーの負荷をかけません。
 
また、自然派志向の暮らしを楽しみたい方は、遮熱効果を上げるために屋根の軒を深くするのもおすすめです。
太陽光や最新の給湯器を使用し、設備面でエネルギー効率を上げるのも1つの選択肢です。
 
他にも、家族のライフスタイルや生活習慣、家族構成によっても省エネ対策の方法は変わります。
例えば、オール電化です。
オール電化は深夜の電気料金が安くなる代わりに日中は電気料金が高く設定されています。
共働きの家庭にはおすすめですが、家にいる時間が長い世帯には向いていないと言えるでしょう。
 

□まとめ

 
今回は、光熱費のかからない家のメリットや工夫についてご紹介しました。
光熱費は毎月かかってくる費用なので、なるべく安く抑えるよう工夫していきましょう。
また、最適な工夫はご家庭によって異なってきますので家を建てる際に話し合って決めましょう。
光熱費のかからない家を建てたい方はぜひ当社にご相談ください。

0942-85-8076

お問い
合わせ