News

  • HOME>
  • News>
  • 日当たりの悪い家は後悔します!その理由と・・・

日当たりの悪い家は後悔します!その理由と改善策をご紹介!

2021.11.27

日当たりの良さは生活の快適さに直結します。
では、なぜ日当たりの良さは生活の快適さに関わってくるのでしょうか。
そこで今回は、日当たりの悪い家が後悔する理由と日当たりの悪い家を改善する方法をご紹介します。
新築をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□日当たりの悪い家が後悔する理由とは?

1つ目は、家の中に日光が届かないからです。
日光が家の中に届かないと、家族が太陽光不足になってしまいます。
実は、日光は健康でいるためにとても重要です。
日光が足りていないと鬱になったり、体内時計が狂ったりと、健康に悪影響が及びます。

2つ目は、洗濯物が乾かないからです。
日当たりの悪い家は、常に日陰干しで洗濯物を乾かす必要があります。
日陰干しを行うと乾きにくいのはもちろん、部屋が生乾き臭くなったり、湿気を求めて虫が集まったりしてしまいます。
また、乾燥器などの機械で乾かすことになり、余分な電力を消費してしまいます。

3つ目は、コケやカビが発生しやすいからです。
水分が蒸発しないため、湿気を好むコケやカビが発生しやすいです。
見た目が汚くなるのはもちろん、胞子による健康被害も起こります。

4つ目は、虫の発生リスクが高いからです。
水辺に繁殖しやすい羽虫が発生しやすくなります。
羽虫が増えれば、羽虫を食べる虫が増え、虫だらけの部屋になってしまいます。

□日当たりの悪い家を改善する方法とは?

住んでいて日当たりが悪いと感じた際は、以下の方法を試してみましょう。

1つ目は、インテリアや壁紙を変えてみることです。
インテリアが窓から入る日光をさえぎっている可能性があります。
できるだけ日光が部屋の中に入るように、窓際のインテリアは移動するようにしましょう。
また、壁紙を明るくすると光を反射しやすくなり、部屋全体が明るくなります。

2つ目は、過ごし方を考えることです。
例えば、1階がどうしても暗い場合は、生活の中心を日当たりが良い2階に移すなどが挙げられます。
日光が当たりやすい部屋を中心に生活することを意識してみましょう。

3つ目は、リフォームすることです。
吹き抜けを作ったり、間取りを変えたりすることによって日当たりを良くできます。
1つ目、2つ目を試しても日当たりが改善されない場合は、リフォームを検討しましょう。

□まとめ

この記事では、日当たりの悪い家が後悔する理由と日当たりの悪い家を改善する方法をご紹介しました。
ぜひこの記事を参考にして、家族みんなが快適に暮らせる家づくりを行いましょう。
新築をお考えの方は、いつでもお気軽にご相談ください。

0942-85-8076

お問い
合わせ