Blog

  • HOME>
  • Blog>
  • 頭金は多めに入れるべき!頭金の貯め方につ・・・

頭金は多めに入れるべき!頭金の貯め方についてご紹介します!

2022.04.08

住宅を購入するには、頭金が必要になります。
頭金が多いほうが住宅ローンの返済が楽になり、借り入れできる金額も大きくなります。
では、頭金を効率よく貯めるには、どうすればいいのでしょうか。
ここでは、頭金の貯め方のコツについて解説します。

□頭金はなぜ多めに入れたほうがいいのかご紹介!

頭金を多めに入れると、返済が楽になります。
頭金が少なく、月々の住宅ローンの返済額が大きいと、家計を圧迫するので生活が苦しくなります。
住宅ローンの返済は、長い場合は35年も続くので、なるべく負担なく返済するためにも、頭金を多く入れたいものです。
そのため、住宅を購入する前に、できるだけ多くの頭金を貯めるようにしましょう。

また、頭金が少ないと、住宅ローンの金利が上がる場合があるので、注意が必要です。
住宅ローンを変動金利で借り入れすると、金利が変動した場合、その時点のローン残高に、新しい金利をあてはめて利息の計算をするため、頭金が少ないとローン残高が多いので、金利上昇の際に返済額が増えるリスクがあります。

□頭金の効率的な貯め方

頭金を効率よく貯めるには、毎月の給料の中からコツコツ貯めるのが、一番堅実な方法です。
そのためには、定期預金を利用するのがおすすめです。
定期預金なら、給料から毎月一定額を預金できるので、いつの間にかまとまった金額が貯まっています。
半ば強制的ですが、このようにしなければ貯金が貯められない方も多いでしょう。

また、財形貯蓄で頭金を貯める人もいるようです。
定期預金と財形貯蓄に共通するのは、すぐに引き出せない状況を作って、お金を貯めていることです。
もらった給料の中から、生活費などに使った残りを貯金しようと思っても、なかなか貯められないものです。
そのため、マイホームが欲しいと思ったら、すぐに定期預金や財形貯蓄を始めて、毎月コツコツ貯めるのが、一番確実な方法と言えるでしょう。

頭金がなかったり少ない場合は、親に借りるのも1つの方法です。
親に借りれば、金利もかからず返済も厳しくないので、融資を受けるより楽に返済できるでしょう。

□まとめ

マイホームを購入する際は、できるだけ多くの頭金を貯めるのがおすすめです。
頭金が多いと、住宅ローンの返済が楽になります。
頭金が少ないと、住宅ローンの借り入れが多くなるため、その金額にかかる金利も大きいです。
頭金を貯めるには、給料から天引きする形で貯金できる、定期預金や財形貯蓄などがおすすめです。

0942-85-8076

お問い
合わせ