Blog

  • HOME>
  • Blog>
  • 新築をお考えの方へ!ロフトで失敗しないた・・・

新築をお考えの方へ!ロフトで失敗しないためのポイントをご紹介します!

2022.04.12

新築の家を建てるなら、ロフトを作りたいという人もいるでしょう。
ロフトはあると便利ですが、失敗することも多いようです。
ロフトにはどんなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
せっかく作ったロフトで失敗しないための注意点について解説します。

□ロフトのメリットとデメリットをご紹介!

ロフトを作ると、部屋の中にもう1つ小部屋ができるようなもので、普通なら使えないデッドスペースを、有効に活用することができます。
ロフトは収納スペースとして使えるほかに、子供の遊び場や趣味の部屋として利用することもできます。
ロフトはいろんな用途に使えるので、1つの使い方に限定せず、有効活用するといいでしょう。

ただし、ロフトにはデメリットもあります。
ロフトは作るのに費用がかかり、熱がこもりやすかったり天井が低いなど、使いにくい面もあるようです。
ロフトは屋根に近いので、夏場は熱くしかも周囲が囲ってあるので、エアコンの風も届きにくくなります。

また、ロフトに上がるには梯子を使うため、最初は面白がって遊んでいた子供たちも、梯子を使う面倒から、しだいに遊ばなくなる傾向があります。
収納に使う場合も、出し入れするたびに梯子を使うことになるので、いつの間にか使わなくなることも多いようです。

□新築のロフトで失敗しないための活用術をご紹介!

リビングにロフトを設置すると、子供たちが遊びやすくなります。
リビングで遊ぶ流れで、ロフトに上がって遊ぶからです。
ロフトで遊ぶ子供も、下に家族がいるから楽しく遊べますが、個室のロフトだと、1人きりになってしまうのでつまらなくなり、家族がいるリビングに行ってしまいます。

ロフトを収納に使う場合は、梯子だと物の出し入れが面倒なので、ロフトに上がる階段を設置して、しかも階段型収納にすると、ロフト以外にも収納スペースが確保できるので、さらに便利になります。
ロフトを有効活用するためには、飽きずにいつまでも使えるロフトにすることが大切です。

□まとめ

ロフトを作ると、デッドスペースを有効活用して、収納や子供の遊び場などとして使うことができます。
しかし、ロフトは梯子を使わないと上り下りできないので、面倒になって利用しなくなる傾向があります。
また、ロフトは屋根に近く熱がこもりやすいというデメリットもあります。
リビングにロフトを作れば、下に家族がいるので子供たちも安心してロフトに上がって遊ぶのでおすすめです。

0942-85-8076

お問い
合わせ