News

  • HOME>
  • News>
  • 新築で失敗しないために!キッチンのポイン・・・

新築で失敗しないために!キッチンのポイントについてご紹介します!

2021.10.20

「新築のキッチンで失敗しないためのポイントについて知りたい」「よくある失敗について知りたい」
このようにお悩みの方必見です。
今回は、キッチンでよくある失敗例や失敗しないためのポイントについて紹介します。

□キッチンでよくある失敗例とは

新築を建てる際にキッチンで失敗する方が多いです。
以下ではいくつかの失敗例を紹介するので、新築を建てる方やキッチンをリフォームしたい方は参考にしてみてください。

1つ目は、キッチンの広さです。

キッチンは主に1人で料理する場所と考える人が多いため、子供ができたり、友達を家に招いたりした際に、一緒に料理をするには狭すぎることがあります。

そのため、料理が作りにくかったり、失敗したりすることがあるので注意しましょう。

キッチンの広さを考える際は、2人以上がキッチンに立っても狭くない広さを設けることが大切です。

また、キッチンの広さが狭いことによって扉や引き出しが開きにくいことがあります。
冷蔵庫や収納棚の配置を事前に決めておくことで、どのくらいの広さが必要なのか知ることができるので、事前に確かめておきましょう。

2つ目は、キッチンの見た目です。

キッチンは見通しが良いことがメリットになることがありますが、手元が丸見えになると使用した食器が見えることがあるので注意が必要です。

お客様が来た際に恥ずかしい思いをしないように、自分が重視すべき点を事前に確認しておきましょう。

また、キッチンの位置を変えることにより暗くなることがあります。
窓の配置や照明の配置を考慮しなかった場合に起こりやすい失敗例です。

照明を移動できるものにしたり、事前に専門の方に聞いてみたりして失敗のないキッチンづくりをしましょう。

□キッチンで失敗しないためのポイントとは

キッチン選びで失敗しないためにはいくつかのポイントがあります。

1つ目は、収納です。
キッチンでは使用する道具の大きさが異なるので、収納の大きさも様々です。

十分な収納スペースは快適に料理をするために必要不可欠です。
シンク下だけでは収納スペースが不十分な方は、カップボードや吊戸棚を検討しましょう。

2つ目は、家事動線です。
料理する際にいくつかの動作を同時に行いたい方は、キッチンから水回りの動線をスムーズにすることがおすすめです。

料理以外にも、洗濯物やお風呂の支度もスムーズにできるようになるので便利です。

3つ目は、コンセントの位置です。
キッチンに配置する家電に合わせてコンセントを設置するのは大切です。

しかし、電子レンジやオーブントースター以外にも使用頻度の少ないミキサーなどの家電を使う方は、コンセントの位置が重要になります。

コンセントが届かなかったり、足りなかったりしないように、事前にイメージをして配置を決めましょう。

□まとめ

今回は、新築のキッチンでよくある失敗例や失敗しないためのポイントについて紹介しました。
失敗しないためには、事前のイメージを膨らませることが非常に重要です。
キッチンの失敗に関するお悩みや質問のある方はお気軽にお問い合わせください。

0942-85-8076

お問い
合わせ