News

  • HOME>
  • News>
  • トイレの大きさはどれくらい?最適な間取り・・・

トイレの大きさはどれくらい?最適な間取りについてご紹介!

2021.12.16

トイレの大きさの決め方にお困りの方はいませんか。
トイレの大きさを決めるという機会は人生に1回あるかないかのことなので分からないのは当たり前です。
そこで今回は、一般的なトイレの間取りとトイレの広さを決める際のポイントをご紹介します。
ぜひトイレの広さ決めに役立ててください。

□一般的なトイレの間取りとは?

一般的なトイレの間取りは、以下の3つに分けられます。

*0.4坪のトイレ

この広さのトイレは分譲マンションや戸建ての2階などで多く採用されています。
少し狭いと感じるかもしれませんが、不便なく過ごせる最小の広さです。
どうしても狭いと感じる方は、タンクレストイレを採用してみましょう。

*0.5坪のトイレ

一般的な戸建てで採用される大きさです。
タンクがあるトイレでも狭さを感じず、ちょうど良い広さと言えるでしょう。
しかし、トイレの内部に洗面台を設けたい方や本棚を設けたい方は少し物足りないと感じるでしょう。

*0.75坪のトイレ

この広さであれば、広々とトイレを使用できます。
手洗いや収納などを設置して便利なトイレにしたい方は、このくらいの広さを確保しましょう。

□トイレの広さを決める際のポイントとは?

1つ目は、不便なく使える広さを知っておくことです。
何も困らずに使うための必要最低限のスペースを確保する必要があります。
無理に小さいスペースにしてしまうと、動きづらく使いにくいトイレになってしまいます。
また、トイレの種類によって必要なスペースが異なるため注意しましょう。

2つ目は、不便なく使えるスペースを基準に広くしていくことです。
不便なく使えるスペースを確認した後は、そこからどのくらいスペースを広くするのかを決めましょう。

3つ目は、バリアフリーを意識しておくことです。
住み続けていく中で体が不自由になってしまう可能性があります。
そのため、将来に備えてバリアフリー対応のトイレにしておくと良いです。

介助スペースまで含めると、幅160から180センチメートル、奥行き160から180センチメートルほど必要になります。
今だけでなく、将来も暮らしやすい家づくりを意識してトイレの広さを決めましょう。

□まとめ

今回は、一般的なトイレの間取りとトイレの広さを決める際のポイントをご紹介しました。
当初の悩みを解決できたのではないでしょうか。
トイレの広さを決める際は、ぜひ今回紹介したポイントを意識してみてください。
また、この記事に関してなにかご不明な点があればお気軽にご相談ください。

0942-85-8076

お問い
合わせ