News

  • HOME>
  • News>
  • 快適な暮らしを叶える!掃除がしやすい部屋・・・

快適な暮らしを叶える!掃除がしやすい部屋作りのポイントをご紹介します!

2021.12.19

家を建てるなら、掃除がしやすい部屋にすることが大切です。
では、掃除がしやすい部屋作りには、何が必要なのでしょうか。
ここでは、掃除しやすい部屋を作るポイントを紹介し、部屋をスッキリ見せるコツについても解説します。

□掃除がしやすい部屋作りのポイント

掃除がしやすい、部屋作りのポイントをご紹介しましょう。

*家具の配置

家具の配置によって、掃除機が使いにくくなるなど、掃除がしにくくなる場合があります。
通常、棚は部屋の隅に置いても、テーブルや椅子などは部屋の中央に置きがちです。
しかし、掃除しやすい部屋にするためには、テーブルや椅子も、部屋の隅に置くようにしましょう。
そうすることによって、直線の動きだけで掃除機がかけられるので、効率よく掃除ができます。

*物を置かない

掃除しやすい部屋作りのためには、できるだけ部屋の中に、物を置かないようにしましょう。
収納を活用して、なるべく部屋の中に物を置かないことが大切です。
ただし、床に物を置かなくても、テーブルや棚に置いただけで、部屋が片付かなくなるので注意が必要です。
このように、床に置く物を減らすだけでも、ホコリが溜まりにくい、掃除のしやすい部屋になります。

□部屋をスッキリ見せるポイント

部屋をスッキリ見せるには、以下のようなポイントに注意しましょう。
家具と家具の間は、隙間をなくすより少し隙間をあけたほうが、掃除しやすくなります。
ホコリは、どんな狭い隙間でも溜まるものですから、家具と家具がピッタリくっついていると、掃除機が入らないのでかえってきれいにできません。
それより、ある程度の隙間を作ったほうが、掃除しやすくなります。

また、収納スペースに目隠しのカーテンをつける場合は、カーテンと床の間に、掃除機が入る程度の隙間を作りましょう。
カーテンが床まで垂れていると、掃除機が引っかかって掃除しにくくなります。
掃除しやすい部屋を作るには、物を床に置かずに宙に浮いたような、フロートデザインにするのも1つの方法です。
フロートデザインであれば、床についていないので、自由に掃除機がかけられます。

□まとめ

掃除がしやすい部屋を作るには、いくつかのポイントがあります。
掃除機をかけやすい部屋にするには、家具を中央に置かず、できるだけ壁につけて置くようにしましょう。
また、掃除しやすくするには、できるだけ床に物を置かないのが基本です。
家具と家具の間に少し隙間を作って、掃除機を入れやすくするのも、部屋をきれいにするコツです。

0942-85-8076

お問い
合わせ