News

  • HOME>
  • News>
  • 4人家族に理想的な一軒家の広さは?間取り・・・

4人家族に理想的な一軒家の広さは?間取りのポイントもご紹介します!

2021.12.31

家を建てる際に、家族の人数を考慮することは重要です。
家族の人数を無視して家を建てると、住みにくい家になってしまうのは明らかです。
では、4人家族の場合、理想的な広さはどれくらいなのでしょうか。
ここでは、4人家族で間取りを決める際の、ポイントについても解説します。

□4人家族に理想的な一軒家の広さ

夫婦2人に子供2人というのが、日本の典型的な家族の形と言っていいでしょう。
そこで、家族4人の場合、理想的な広さはどれくらいなのか、検証することにします。

結論から言いますと、4人家族の理想的な広さは約38坪です。
38坪という根拠は、国土交通省が掲げた、「住生活基本計画(全国計画)における誘導居住面積水準及び最低居住面積水準」の数値によるものです。
1坪は2畳ほどの広さなので、38坪は76畳の広さになります。

現在建てられている一軒家は、だいたい30~40坪くらいが多いので、「4人で38坪」という数値をほぼ達成していると言えるでしょう。
一般的に、4人家族で38坪を下回ると、収納スペースが十分に取れないといった不具合が生じる傾向があります。
そのため、4人家族であれば、できるだけ38坪のスペースを、確保するようにしたいものです。

□4人家族で間取りを決めるポイント

4人家族で間取りを決める際は、以下の点に注意しましょう。

*夫婦の個室

夫婦の寝室とは別に、夫の書斎や夫専用の寝室を設けるかどうかで、間取りが変わります。
夫専用の個室を設けるなら、その分だけ部屋数が増えることになり、他の部屋のスペースが削られます。
そのため、間取りを決める際は、夫婦の個室を設けるかどうかを、先に決めましょう。

*子供部屋をどうするか

間取りを決める際に考慮すべきなのが、子供部屋の問題です。
子供部屋は、子供の人数や性別、年齢などによって変える必要があります。
できれば、子供の人数ほどの部屋を用意できれば理想的です。

小学生のうちは2人で1部屋でもかまいませんが、中学生以上になると、それぞれに個室を与えたいものです。
特に男女の兄弟の場合は、中学生になると必ず部屋を分ける必要があるでしょう。

□まとめ

4人家族が暮らすのに、理想的な家の広さは約38坪です。
38坪は76畳ほどの広さになりますが、38坪は家だけの面積で庭などは含みません。
4人家族で間取りを決めるポイントとして重要なのは、夫婦の個室を設けるかということと、子供部屋をどうするかです。

0942-85-8076

お問い
合わせ