News

  • HOME>
  • News>
  • マイホームにかかる初期費用についてご紹介・・・

マイホームにかかる初期費用についてご紹介します!

2022.02.12

マイホームの購入をお考えの方は、家を買うにあたってかかる初期費用についてご存じでしょうか。
家や建築費とは違い、初期費用は現金で用意しておく必要があります。
そこで今回は、マイホーム取得にかかる初期費用についてご紹介します。
家の購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□マイホームにかかる初期費用と相場をご紹介します!

マイホームを購入する際にかかる初期費用は大きく「頭金」と「諸費用」に分かれます。
これらの初期費用は住宅ローンの借入額に含まれないため、現金で支払うことが多いので気をつけましょう。
それぞれについて詳しく解説します。

まずは、頭金です。
住宅を購入する際、物件価格の一部を現金で最初に払う分のことを指します。
相場は物件価格の10%~20%が一般的でしょう。

次に、諸費用です。
頭金の他に、住宅ローンを組む際の費用として住宅ローン借入費用、保証料などがあります。
また、不動産取得に関わる費用として手付金や印紙税などの費用がかかります。
この諸費用の相場は注文住宅などでは物件価格の3~6%が一般的です。

□不動産取得に関わるお金についてご紹介!

ここからは諸費用の中でも不動産取得に関わるお金の詳細をご紹介します。

まずは、印紙税です。
家を買う際には、「不動産売買契約書」や「建設工事請負契約書」などが必要です。
これらの契約書を交わす際は契約金額に応じた印紙税がかかります。

次に、仲介手数料です。
仲介手数料は、不動産仲介会社で家を購入する際にかかります。
算出方法としては「物件価格×3%+6万円+消費税」です。

次に、登記費用です。
不動産を購入した場合、自分がその不動産の権利者であることを示すために登記を行う必要があります。
登記には登録免許税という税金がかかります。
登記は義務付けられているわけではありませんが、所有権を巡ってトラブルになることもありますので行っておくことをおすすめします。

次に、固定資産税清算金です。
固定資産税は毎年1月1日時点で土地所有者が払う税金です。
年の途中で購入した場合は、それ以降の固定資産税を日割りで計算し、購入した人が売主に支払うのが慣例となっています。

□まとめ

今回は、マイホームにかかる初期費用についてご紹介しました。
家を買う前には、頭金や諸費用を現金で用意しておく必要があるので、資金計画をしっかりと立てておくことが大切です。
諸費用の種類も多いため、確認して準備しておきましょう。
マイホームのことでお悩みの方はぜひ一度当社にご相談ください。

0942-85-8076

お問い
合わせ