News

  • HOME>
  • News>
  • 家づくりで予算オーバーしてしまう原因をご・・・

家づくりで予算オーバーしてしまう原因をご紹介します!

2022.02.08

家づくりをお考えの方は、資金計画をしっかりと立てれていますか。
予算オーバーしてしまうと理想の家は建てられません。
今回は、家づくりで予算オーバーしてしまう原因や予防策を詳しく解説します。
オーバーしてしまう原因や予防策をしっかりと頭に入れておくことで失敗を防ぎましょう。

□家づくりで予算オーバーが起こる原因とは?

家づくりで予算オーバーしてしまい、満足のいかない家になってしまうと嫌ですよね。
それを避けるためには、予算オーバーする原因を知っておく必要があります。
そこでここでは、家づくりで予算オーバーする原因をご紹介します。

1つ目は、かかる費用やローンで借りられる金額を知らないことです。
注文住宅を建てる際は、本体費用、付帯工事費用、諸費用、土地代の4つがかかります。
また、住宅ローンには、借り入れ可能額があります。
これらを知らなければ、費用計画に失敗し予算オーバーになる可能性があります。

2つ目は、こだわりの優先順位が付けられていないことです。
注文住宅を検討する際には、デザインや設備、性能、間取りなどでこだわりが出てくるでしょう。
これらの優先順位をつけておかないと、予算オーバーになった時に対応できなくなってしまいます。

3つ目は、住み始めてからの費用を考慮していないことです。
家は建てたあとにもお金がかかるので、初期費用だけにとらわれず費用計画を立てることが大切です。

□予算オーバーを防ぐには?

予算オーバーの予防法についてご紹介します。

まずは、予算は厳守したいと住宅会社に伝えることです。
理想の家のために無理な資金計画を立ててしまうと、住み始めてから支払いに困ってしまいます。
資金計画の際には、住宅会社に任せっきりにせず自分たちでしっかりと計画を考えていくことが大切です。
自分たちの限界を超えた予算を払うことのないように計画を進めていきましょう。

次に、外構は後回しにすることです。
注文住宅を建てる際、外構工事を一緒に頼むことが多いでしょう。
しかし、外構にもこだわると150万円~200万円かかってしまう可能性があります。
家を建てて生活をしながら外構について考えても遅くはありません。

□まとめ

今回は、家づくりで予算オーバーしてしまう原因についてご紹介しました。
原因をしっかりと知っておき予算オーバーを防いで、理想の家をつくりましょう。
家づくりの際は資金計画も一緒に考えながら進めましょう。
注文住宅をお考えの方はぜひ一度当社にご相談ください。

0942-85-8076

お問い
合わせ