News

  • HOME>
  • News>
  • 寒い冬でも暖かい家にするにはどうすればよ・・・

寒い冬でも暖かい家にするにはどうすればよいかご紹介します!

2022.01.08

冬の寒さが我慢できない、という方は多いようです。
寒い冬でも暖かい家にするには、どうすればいいのでしょうか。
ここでは、暖かい家にするための間取りのポイントをご紹介し、暖かく過ごすための窓の工夫について解説します。

□暖かい家にするための間取りのポイント

寒い冬を暖かく過ごすには、なるべく太陽光を取り入れる工夫をすることが大切です。

夏場はエアコンの効きをよくするために、なるべく太陽光を遮る必要があります。
しかし、冬場は逆に、太陽光を取り込むことによって、暖かく過ごすことができます。
そのため、なるべく部屋を南向きにして、太陽の日差しを取り入れる工夫をしましょう。
家の中で、家族が長く過ごすのが、ダイニングやリビングです。

そこで、ダイニングやリビングに、太陽光を取り込むようにすると、冬暖かい家になります。
また、部屋の中の暖かい空気は天井付近に溜まりやすく、足元には冷たい空気が溜まります。
そこで、家の中の空気を循環させるサーキュレーターを取り付けると、天井付近の暖かい空気を足元に流せるので、部屋全体を暖めることができます。

□暖かい家にするための窓のポイント

家の中の暖かい空気は、窓のような開口部から逃げていきます。
そこで、窓で外部からの冷気を遮断する工夫をすることが大切です。
多くの窓にアルミサッシが使われていますが、アルミは熱を通しやすいので、熱を外に逃がさないためには、ここに対策をする必要があります。

アルミの窓には、断熱のための専用フィルムや、テープを貼りましょう。
また、裏地つきのカーテンを使うことによって、暖かい空気が外に逃げにくくなります。
裏地つきのカーテンがなければ、後付けの裏地ライナーをつけても同じ効果が得られます。

また、カーテンは厚手のものを使うと、熱を逃がさないのでおすすめです。
さらに、カーテンを床につくほど長くすると、カーテンの隙間から入ってくる外の冷気を防げます。

窓を二重窓にすると、暖かい空気が逃げにくくなるので、暖房効率を上げるのに有効です。
また、夏にはクーラーで冷やした空気を逃がさない効果があります。
さらに、防音効果もあるので、設置を検討してみるといいでしょう。

□まとめ

寒い冬でも暖かく過ごすには、太陽光を取り込む工夫が大切です。
部屋を南向きにすると、家の中が暖かくなるので、そこにダイニングやリビングを作ると、家族団らんの場が暖かくなります。
暖かい家にするには、窓対策が重要です。
二重窓にしたり、厚手のカーテンなどで外の冷気を遮ると、部屋の中が暖かくなります。

0942-85-8076

お問い
合わせ