News

  • HOME>
  • News>
  • リビング階段のメリットとデメリットをご紹・・・

リビング階段のメリットとデメリットをご紹介します!

2022.01.27

「家を建てる時にはおしゃれなリビング階段を取り入れたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
確かにリビング階段はおしゃれですが、メリットとデメリットが存在します。
そこで今回は、それぞれについてご紹介します。
リビング階段をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

□リビング階段のメリットについて

ここでは、リビング階段のメリットについてご紹介します。

1つ目は、リビングが広く見えることです。
リビング階段は、階段をリビングの中につくる構造なので、実際のリビングよりも広く見せられます。
視覚効果によって広く見せられるので、小さめのLDKにはおすすめです。

また、リビング階段は吹き抜けとの相性が良いです。
吹き抜けを取り入れたいけど面積が狭いという方にはとてもおすすめです。

2つ目は、家族とのコミュニケーションが増えることです。
リビング階段にした場合、リビングを通って2階に上がる動線になります。
そのため、2階にある子供部屋に向かう際には、必ずリビングを通って部屋に行くようになります。
自然と顔を合わせるため、コミュニケーションがとりやすいです。

3つ目は、階段下を収納やインテリアに活用できることです。
階段下の空間に収納やテレビボード、キッズスペースや書斎コーナーなどを設けると空間を上手に活用できるでしょう。

□リビング階段のデメリットについて

では逆にリビング階段のデメリットにはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

1つ目は、ニオイや音が漏れやすいことです。
2階までの間に隔てるものがないため、ニオイや音が広がりやすくなります。
キッチンと階段を離したり、防音性のある壁や扉を取り入れることで対策しましょう。

2つ目は、家族の来客と顔を合わせやすいことです。
2階が子供部屋などの場合、子供の友達に会いやすくなるため気になってしまうという可能性があります。
来客が多い家庭の場合、落ち着かないかもしれないので、気になる方はリビングと階段の出入り口が近くなるように設計しましょう。

3つ目は、冷暖房の効率が悪くなってしまうことです。
2階まで空気が流れるので、特に寒い時期に困ってしまう方が多いです。
引き戸や全館空調システムを取り入れるなどの工夫をしましょう。

□まとめ

今回は、リビング階段のメリットとデメリットについてご紹介しました。
リビング階段はおしゃれですが、メリットとデメリットがあるのでしっかりと検討してから導入しましょう。
また、デメリットは工夫次第で解消できますので、お悩みの方はぜひ当社にご相談ください。

0942-85-8076

お問い
合わせ